読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

敏感ペットボトル

分別の基準はあいまいです。「燃えないごみが燃える日」というブログのサブブログです。

【悲報】グーグルのニューストピックに掲載されてしまった

朝起きたらアクセス数が珍しく伸びていました。

昨日アップした記事にたくさんのブックマークをつけて頂き、多少アクセスが伸びているのは寝る前から把握していました。しかし翌朝確認すると、ブクマによるプチ・バズだけでは説明のつかない数字がカウンターに表示されていました。(あくまで数字は開示しないけどもw)

検索で伸びている・・・。まさかと思い「クリスマスプレゼント」でググってみると

f:id:r1ckey:20151129175242j:plain

「ニュース トピック」の欄に掲載されていました。

クリスマス、でググってもチラっと載っている。SEO対策について勉強していない僕でも分かる。これは「ビッグワード」だ。

「ニューストピックに載る方法」というノウハウまで転がっているようですが、偶然の出来事でしたので困惑するばかり。

「ニュースコンテンツとして価値のある記事」、「専門性の高い記事」が評価されるそうですが、いずれも当てはまっていない、金銭感覚の狂ったクソニート学生の戯言ですからね。ちゃんとした情報を求めて僕のブログのリンクをクリックした人には申し訳が立ちませんね。

ブコメにいくつか有意義なアドバイスを書き込んで頂けているので、ブコメを読む習慣のあるはてなユーザーにとってはまだ読む価値があるかもしれません。しかしグーグル検索を利用する人の大半はそんなところをチェックしないじゃないですか。忸怩たる思い、とはまさにこのことです。

僕はアクセスアップ狙いで読者を釣るような真似は死んでもしたくないのです。でも一方で、間違ったこと(人に迷惑のかかるデマ)を書いたわけでもないのに記事を削除するのは嫌だという気持ちもあるのです。早めに掲載を下してもらえることを祈ります。 


こういうことがあると、僕のような零細ブロガーでも一人の情報発信者としての自覚を持って、ちゃんと中身のある記事を書かないといけない・・・気がしてきます・・・?

んー、難しいところですね。僕にとってのブログはお金稼ぎをするところでもなければ、読者様のためになる情報を発信するところでもなく、恥を晒す場所だという意識が強いのです。十分恥をかいている今の状況が、究極的には正解なのかもしれませんね。そんなことを思いました。